茨城県での家族葬形式の葬儀 - 茨城県内での神道形式の葬儀

茨城県での家族葬形式の葬儀

subpage01

茨城県内で執り行われている葬儀にも、いくつもの種類がありますが、一般的にいえば、地域の隣人や、会社の上司、同僚などの多くの人々を巻き込んで、できるだけ盛大にするのが、葬儀のある種の作法ということもできます。
しかし、最近では茨城県においても、こうした従来のありかたとは離れた、家族葬のような形式の葬儀もさかんになってきています。
家族葬というのは、文字からもあきらかなとおり、亡くなった人といっしょに住んでいた家族や、近くに住んでいる親戚、そして、亡くなった人とは生前に深い交流があった友人などを主体として行う、小規模なもののことをいいます。

茨城で葬儀情報があります。

通常であれば通夜や告別式に訪れるはずの会社の人々などには、逆に参列を遠慮してもらうことにもなります。そのため、会葬を遠慮する旨の通知を、これらの人々に対して送付するなどの配慮をする必要がある場合もあります。

家族葬の場合には、見ず知らずの人が参列するおそれはないため、亡くなった人を偲ぶ上では、一般的な葬儀よりも適切といえます。



また、費用の面からしても、家族葬には大きなメリットがあり、茨城県内での通常の価格の半分程度にはコストカットが可能とされています。



もっとも、内容の面ではそれほどの違いがあるわけではなく、たしかに会場の面積は小さくなりますが、通夜と告別式は両方とも行い、祭壇も会場内に準備されていますし、僧侶の読経と参列者の焼香があるところなども、まったくかわりがないといえます。