茨城県における葬儀のありかた

subpage01

茨城県内での葬儀には、それぞれの地域によって、独自の慣習がある場合がありますが、基本は全国で行われている葬儀とそれほど変わりはありません。


仏教の形式により、菩提寺の僧侶を招いて行うのがふつうで、通夜、告別式と、別々の日取りになります。

評判が高い茨城で葬儀のことならこちらのサイトが便利です。

茨城県の場合には、鎌倉時代に開祖が稲田御坊などを中心として、布教につとめていた経緯もあって、浄土真宗で行われることが多くなっています。
この場合、通夜では告別式よりも多少くだけたかたちで、亡くなった人の生前のようす、業績などを語りつつ偲ぶ機会が設けられることが多く、僧侶が仏教の教義とあわせて、参列者に法話をすることになります。



そのほかは、霊前での読経と、参列者による焼香があるのは、全国的な葬儀のありかたと同様です。



地域によってはですが、自治会の班単位で、それぞれ棺桶をかつぐための人手を出してもらい、これを六尺とよぶことがあります。

遺体を出棺して、火葬場に運ぶ際には、かならず、この六尺の人に手伝ってもらうことになります。茨城県内での葬儀の式場ですが、農家など、十分な面積をもつ自宅がある場合には、自宅のなかに祭壇を設けることが多く、そうでない場合は、民間の葬祭ホールなどを貸し切って活用します。


公営の火葬場に斎場が併設されていることも多いため、場合によっては、公設斎場を葬儀の式場として、そのあとただちに火葬場にうつして火葬をする流れになっていることもあります。