茨城で葬儀をキリスト教式であげるときには

subpage01

茨城でキリスト教式で葬儀をあげるときは、故人がカトリックの信徒であればカトリックの教会に、プロテスタントの信者であればプロテスタントの教会に、依頼すればよいことになります。

しかし洗礼を受けていない人、信者ではないが故人が遺言していたとき、故人がカトリックの信者かプロテスタントかはっきりしないとき、故人も遺族も信者ではないが遺族が希望しているときなどは、茨城の近くのプロテスタントの教会に頼めば、葬儀をしてもらえます。

茨城で葬儀について詳しく知りたいならこちらのサイトです。

プロテスタントが葬儀は本人のためでなく家族のためにも行うものだという考えに対して、カトリックはあくまで故人の信仰を尊重しそれにしたがって葬儀を行うという考えです。



ですからプロテスタントは、故人や遺族が信者であるなしにかかわらず葬式を行ってくれますが、カトリックでは原則として信者だけに限られています。



どの葬儀社も仏式や神式には慣れていますが、キリスト教の葬式には詳しくない業者もありますから、牧師や神父と相談して教会関係の業者に依頼するほうが、無難になります。本来納棺や通夜の儀式は、キリスト教では行わないものでした。

しかし今日ではキリスト教も他の葬式の習慣に倣っていますので、日取りを決めるときは仏式と同じように考えればよくなっています。
キリスト教では従来教会や信者への連絡は、教会の長老などを通じて行ったものですが最近は、その信者の友人や知人が世話役を務めるように茨城ではなっています。