茨城の葬儀と風習について - 茨城県内での神道形式の葬儀

茨城の葬儀と風習について

subpage01

茨城県は関東地方の都道府県のなかでも可住地面積が広く、発展可能性にあふれていることから、工場、商業施設、ニュータウンなどの進出が進んでいます。
最近では、つくばエクスプレスの開業をはじめとして、特に県南地方での人口の増加が著しくなっています。このように発展をつづける茨城県ですが、葬儀に関しては、いまでも昔の風習が残っていることがありえますので、あまり伝統にもとづかない、奇抜な葬儀をプランニングするよりも、むしろオーソドックスなものを重視しておいたほうがよい場合があります。

たとえば、茨城県内の葬儀では、しばしば六尺とよばれる人々が登場しますが、これは亡くなった人をおさめた棺桶をかつぐ人のことを意味しています。

自分に合った茨城で葬儀の初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

通常はその地域の隣人たち、具体的には自治会や町内会の班、組から男性陣に手伝いを求めることになっています。



また、地域によっては神道形式で葬儀を執り行うこともあります。



勤皇の志士たちがあこがれた水戸藩ならではの、日本固有の思想や文化をたいせつにする風潮のあらわれでもありますが、一般的に見る仏教形式とは、その内容がかなり異なっています。

その地域にある神社から神職が派遣されて、祭詞を霊前で読み上げ、焼香にかわって、清めの塩を撒いたり、玉串を捧げたりすることがあります。
告別式についても、神葬祭の呼び名になっていることがほとんどです。
ただし、神道にはけがれの概念があるため、神社の境内では神葬祭は行われません。