茨城県内での神道形式の葬儀

茨城県内での神道形式の葬儀

subpage01

茨城県内で葬儀を執り行う場合には、その土地に根付いた風習などについても、一応は気をつけておきたいところです。


特に、茨城県内の一部、たとえば水戸や石岡などを中心とした地域では、一般的な仏教形式ではなく、神道形式による葬儀が伝統的に執り行われているところがあります。

いまの茨城県の北部にあたる、江戸時代の水戸藩では、水戸学の影響から、わが国古来の文化をたいせつにする気風が生じ、これが明治時代以降にも引き継がれました。

茨城で葬儀情報選びをサポートします。

その一環として、神道形式で葬儀を行う風潮も生まれるようになっており、他の地域とはかなり様相が異なっています。
実際に茨城県内で神道形式の葬儀を行う場合には、葬儀社のスタッフに相談をして、対応が可能かどうかをまずは確認したのち、正式に契約をすることが重要です。

祭壇は仏教形式とは異なり、神社のような宮型のもので、彩色がつかない白木を用いていることが多くなっています。

遺影や供物、生花などはそれほど違いはありませんが、どちらかといえば簡素なイメージになっています。



神道形式であっても、仏教形式の通夜や告別式と同様に、通夜祭、神葬祭のふたつにわかれて執り行われるのがふつうです。



そのため、急な用事があってはずせない場合には、本来は両方に参列すべきところ、通夜祭か神葬祭のどちらかに参列をすることになります。

当日は神官が式場を訪れて、読経にかわって祭詞を奏上しますが、そのなかには故人の生い立ちや業績などが含まれるのが一般的です。

葬儀のわかりやすい情報

subpage02

茨城県は関東地方の都道府県のなかでも可住地面積が広く、発展可能性にあふれていることから、工場、商業施設、ニュータウンなどの進出が進んでいます。最近では、つくばエクスプレスの開業をはじめとして、特に県南地方での人口の増加が著しくなっています。...

NEXT

葬儀の大人の常識

subpage03

茨城でキリスト教式で葬儀をあげるときは、故人がカトリックの信徒であればカトリックの教会に、プロテスタントの信者であればプロテスタントの教会に、依頼すればよいことになります。しかし洗礼を受けていない人、信者ではないが故人が遺言していたとき、故人がカトリックの信者かプロテスタントかはっきりしないとき、故人も遺族も信者ではないが遺族が希望しているときなどは、茨城の近くのプロテスタントの教会に頼めば、葬儀をしてもらえます。...

NEXT

葬儀のテクニック

subpage04

茨城県内での葬儀には、それぞれの地域によって、独自の慣習がある場合がありますが、基本は全国で行われている葬儀とそれほど変わりはありません。仏教の形式により、菩提寺の僧侶を招いて行うのがふつうで、通夜、告別式と、別々の日取りになります。...

NEXT

葬儀をもっと知る

subpage04

茨城県内で執り行われている葬儀にも、いくつもの種類がありますが、一般的にいえば、地域の隣人や、会社の上司、同僚などの多くの人々を巻き込んで、できるだけ盛大にするのが、葬儀のある種の作法ということもできます。しかし、最近では茨城県においても、こうした従来のありかたとは離れた、家族葬のような形式の葬儀もさかんになってきています。...

NEXT